マルゲン工房雑記

主に鉄やステンレスの板を切断・曲げ・溶接といった加工をしてモノづくりをしている工房をやってます。 週1くらいでのんびりと、仕事のことや由無し事を綴っていくつもりです。

彫刻家・望月久也さんの作品、本体は完成。
あとは台座だ。

image


今回の作品は、茨城県桜川市で開催される野外彫刻展「雨引の里と彫刻 2015」に出品されます。
10月10日から12月20日まで。
機会があったら、ぜひ観に行ってね。
http://www.amabiki.org

image

三輪さんのテントの金具できた。

なんとか納期は間に合った。

同じモノを20個とか40個とか作るのは、途中で飽きてきちゃうんでツライね。
image



それから、望月さんの作品もだいぶカタチになってきた。
明日中に仕上げたいな。
image

アーティストの三輪さんがデザインしたテントの組み立て用金具。
細かく指示を出してくれないので、こんな感じで三輪さんのイメージ通りなのかわかんないけど、とりあえず見本ができた。

明日見てもらって、OKなら、残りの9セット分も制作。
ダメだったら、泣く。

image


さらに、並行して彫刻家・望月久也さんの作品の制作のお手伝いも開始。

まずは溶接する部分の開先をとる作業。
この作業は、スキルタッチの消耗と精神的な疲労の激しい作業だけど、これを丁寧にやっておくと溶接や仕上げの作業がラクになるし、仕上がりが良くなるんで頑張らないとね。

それにしても、いくつかの仕事の納期が重なっちゃってるんで、これから1週間はめちゃくちゃ忙しい。

image


今日は十五夜だってことだけど、工房から見上げた月はこんな感じ。
も帰ろ。

image

このページのトップヘ